Project

General

Profile

Actions

Wiki

開発環境

デプロイコマンド

$ gcloud app deploy --version 1 --project api-project-379224789817

開発ツール

  • GitHub
  • Redmine
    • 要件管理
    • 不具合管理
    • Wiki
  • Markdown + PlantUML
    • ドキュメント作成
    • 設計図作成
      • ※ Word・Excel・PowerPoint は使用禁止
  • CircleCI - 1 コンテナ無料(プライベートリポジトリでも可、ビルド時間 25h/month まで)
    • ビルドチェック
    • 静的解析
      • Lint - コードの構文チェック
      • FindBugs - 実行時に起こり得るバグの検出
    • 【できれば】Programming Tests
    • 【できれば】Deploy
  • Slack
    • チャット
  • Unicode Escape Sequence | KWONLINE.ORG
    • 日本語と「¥uXXXX」形式のユニコードエスケープを相互変換するツール

利用サービス

開発フロー

  1. Redmine にチケットを作成
  2. GitHub で各自ブランチを切って Commit & Push
    • プリフィックス(範囲) + 英語のコミットメッセージ + #チケット番号 + @作業時間
      • feat(*): hogehoge. fix #999 @1.5h :新しい機能
      • fix(*): hogehoge. fix #999 @1.5h :バグフィックス
      • docs(*): hogehoge. fix #999 @1.5h [ci skip] :ドキュメントのみ変更(CI は実行しない)
      • style(*): hogehoge. fix #999 @1.5h :コードの意味に影響を与えない変更(空白、フォーマット、セミコロンの欠落など)
      • refactor(*): hogehoge. fix #999 @1.5h :バグを修正したり、機能を追加したりしないコード変更
      • perf(*): hogehoge. fix #999 @1.5h :パフォーマンスを向上させるコード変更
      • test(*): hogehoge. fix #999 @1.5h :既存のテストの欠落または修正の追加
      • chore(*): hogehoge. fix #999 @1.5h :ビルドプロセスやドキュメント作成などの補助ツールやライブラリの変更
    • 原則 1 Commit 1 チケット
      • fix(*): hogehoge. ref #999 @1h :対処未完了で Commit する場合
      • fix(*): hogehoge. fixs #99 @0.5h #999 @1h :例外的に複数チケットを 1 Commit で対処する場合
  3. CircleCI でビルドチェック、静的解析、PT
  4. みぞ + 1 名の 2 名でコードレビュー & マージ
  5. CircleCI でビルドチェック、静的解析、PT、Deploy

開発言語

Python 2.7

  • Google App Engine for Python の無料枠では Python 2.7 しか動かせない
  • ただし、 Python 3 系に Porting できる実装で行う
    • pylint --py3k ./* tests/* でチェック可能
  • PEP 8に準拠した実装を行う
    • flake8 ./ tests でチェック可能
  • 単体テストを記述する
    • python -m unittest discover -v tests で実行可能

設計資料

設計資料

Google App Engine for Java を利用する開発

サーバーはJSONを処理できれば、何でも使用できる

利用 OSS ライブラリ

名前 License URL

利用目的

*

Python Kivy など ShiritoriDisplay の起動に必要なものを Ubuntu 16.04 にインストール (下書き)

 1976  curl https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py -o get-pip.py
 1977  python get-pip.py 
 1978  sudo python get-pip.py 
 1979  pip --version
 1980  which pip
 1981  pip
 1982  pip install kivy
 1983  pip
 1984  pip -h
 1985  pip --help
 1986  which pip
 1987  ll /usr/local/bin
 1988  exit
 1989  pip
 1994  sudo pip install cython
 1995  sudo pip install kivy
 1998  sudo pip install pygame
 1999  python ShiritoriDisplay.py 


Updated by みぞ @mizo0203 , Updated almost 3 years ago
Access count: 3396

コメント


    Updated by みぞ @mizo0203 almost 3 years ago · 33 revisions